日焼けやタトゥーをしていると全身脱毛ができません

b48a3a6ed8cdaadfa50ad48ff3a165d9_s3

お手入れの必要ないツルツルな体になりたい・・・。誰もが一度は思うのではないでしょうか。いっそのこと、全身脱毛したいと思う方もいるはずです。ですがその前に全身脱毛ができない可能性のある方もいることをお伝えします。それは日焼けをしている人とタトゥーをしている人です。
なぜ日焼けをしている人、タトゥーをしている人が脱毛できないのか。両者に共通するのは「黒」です。どういうことかといいますと、サロンで扱っている光脱毛も、クリニックで扱っているレーザー脱毛とは威力などは違いますが基本的に「黒い色(メラニンなど)」に反応し、毛根を焼くことで脱毛をするというものです。つまり、光脱毛もレーザー脱毛も黒いものに反応するわけです。ですから、ほくろがある方は施術前にほくろを隠すためにスタッフが目隠しシールを貼ってくれたりします。ほくろにマシンが反応してしまうと、焼いてしまうのでやけどをする可能性があるからです。
以上のことを踏まえてなぜ日焼けをしている人、タトゥーの入っている人が脱毛を受けられないのかを説明します。日焼けをしている人はお肌の細胞にメラニンが沈着してしまっている状態です。その状態で脱毛をすると最悪の場合やけどをしてしまいます。脱毛どころではなくなってしまいますよね。ですから、日焼けをしている方はどの程度の日焼けなら脱毛できるかなど事前にスタッフに相談した方がいいですね。
次にタトゥーが入っている方ですが、そもそもタトゥーというのはお肌を傷つけてそこに染料を含ませているので、傷口に脱毛マシンを当てるというのはお肌への負担は測りしません。また、タトゥーは様々な色が使えるとはいえ、黒をベースにしていることにはかわりません。ですから、タトゥーそのものに脱毛マシンが反応してしまいやけどをする可能性があるわけです。そのため、脱毛はできないとされています。
日焼けをしていたりタトゥーが入っているけれどどうしても脱毛をしたいという方はまずはサロンやクリニックに相談してみてください。

関連記事